なかざわ歯科クリニック

さいたま市北区の歯医者なら なかざわ歯科クリニック

048-652-6418
〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町1-512-5


※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  プラセンタ治療

プラセンタ治療

歯科治療とプラセンタについて

当院では、主に下記の治療にプラセンタをお勧めしています。特にインプラント手術後にプラセンタ治療を行うと炎症が少なく、術後の疲労感も少ないようです。下記以外の口腔的症状は、ご相談下さい。

【1】歯周病・歯肉炎・歯肉止血
【2】口内炎 口唇ヘルペス症
【3】口腔乾燥症
【4】口臭症
【5】外科手術後
【6】舌痛症
【7】矯正治療中の不快症状
【8】インプラントオペ後
【9】その他 口腔外科

 

プラセンタとは

プラセンタとは、母体と赤ちゃんを結ぶ胎盤のことです。

母親の体内で、わずか10ヶ月の間に、1個の受精卵を3kgまでに育て上げるという驚異的な働きをもった組織です。このエキスを注入すると、全身の細胞が活性化され、細胞レベルからの若返りが期待されます。もともと医療の現場では、肝炎や更年期障害の治療に使われてきました。日本国内では、50年前から行われている治療法です。

プラセンタ

 

具体的効果について

美容 美白、しみ、しわ、肌荒れ、にきび、皮膚の老化防止などに効果があります。
医療 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患にはじまり、高血圧や糖尿病、ガンなどの生活習慣病、肝炎、肝機能障害、リウマチや更年期障害、不妊症、生理不順、冷え性などの産婦人科疾患、老眼や白内障、自律神経失調症、貧血、肩こり、『歯肉炎・歯周病などの 歯科疾患』、慢性疲労症候群などに高い効果が認められます。

 

よくある質問

Q なぜプラセンタが身体にいいの?
A プラセンタは、ヒトでは約10ヶ月に1個の胚細胞をおよそ60兆個まで増殖させていくと同時に、 各種臓器や器官を作り上げていきます。
プラセンタはそのためにさまざまな生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。
プラセンタは他の組織や臓器が含んでいないさまざまな活性物質を総合的に含んでいるのです。



Q どんなときに、どの程度、注射すればいいの?
A 当院でおすすめしている頻度は、最初の3ヶ月は、週に2回、つめて注射するのをお勧めしています。
その後は効果を持続する目的で、週に1回程度にします。
疫病の程度や状態によって、1人1人最適な患者さんのご希望にもお答えしますので、院長にご相談ください。

Q あまり効果が実感できないのですが…?
A もともと健康な方が治療をお受けになっても、ほとんど効果を実感されない場合があります。
健康な方がサプリメントや健康食品でパワーアップを図るのは、運動選手のドーピング等と同様に
本来正常な身体の基礎代謝を無理やり亢進させることですから体にはよくありません。
この治療の良いところは、身体が必要でなければ有効成分を身体が取り込みませんので、不必要なストレスを身体にかけることがないのです。
健康な方は、体調の悪い時や、本当に疲れた時などにお試しください。

 

料金

保険適用外のため、自費診療になります。
プラセンタ注射1本 1,500円